弁護士コラム

相続に関する様々なトピックを
弁護士が解説

相続問題に関する、当事務所の弁護士によるコラムです。是非ご一読ください

成年後見コラム(5)「任意後見」とは

成年後見コラム(5)「任意後見」とは

今月号では任意後見制度についてご説明させていただきます。任意後見制度とは、本人が契約締結に必要な判断能力を有している時点で、将来の判断能力低下後の保護のあり方と保護をする者(任意後見人)を、本人自らが事前の任意の契約によって決めておく制度のことをいいます(任意後見契約に関する法律第2条第1号)。

2017.07.25

new

成年後見コラム(4)「補助」とは

成年後見コラム(4)「補助」とは

今月号では法定後見の3類型のうちの「補助」について詳細にご説明させていただきます。補助とは、正確に申し上げるならば、①精神上の障害により②事理を弁識する能力が不十分である者を対象とする制度のことをいいます。

2017.06.25

成年後見コラム(3)「保佐」とは

成年後見コラム(3)「保佐」とは

今月号では法定後見の3類型のうちの「保佐」について詳細にご説明させていただきます。保佐とは、正確に申し上げるならば、①精神上の障害により②事理を弁識する能力が著しく不十分である者を対象とする制度のことをいいます(民法第11条)。

2017.05.25

成年後見コラム(2)「後見」とは

成年後見コラム(2)「後見」とは

先月号のコラムにて、法定後見はさらに判断能力の不十分の程度によって、後見、保佐及び補助の3類型に分類されるとご説明させていただきましたが、今月号ではこの3類型のうちの「後見」について詳細にご説明させていただきます。

2017.03.25

成年後見コラム(1)成年後見制度の概要

成年後見コラム(1)成年後見制度の概要

今月号より、最近話題になっている成年後見の分野について、連載で執筆させていただきます。成年後見は誰にとっても自分の問題になり得るものですので、少しでも皆様に関心を持っていただいて、また理解の一助となることができればと考えております。

2017.02.25

遺産分割の諸問題(8)預貯金は遺産分割の対象となるのか

遺産分割の諸問題(8)預貯金は遺産分割の対象となるのか

さて、今回は番外編です。2014年12月号の家事コラム「遺産分割と遺言」~事前の準備が大切です~の回で、「預貯金等の金銭債権は、遺産分割協議を待つまでもなく、相続開始とともに当然分割され、各相続人に法廷相続分に応じて帰属するとされており(判例)、遺産分割の対象財産とはなりません」と記載させていただいたことを覚えていますか。

2017.01.25

遺産分割の諸問題(7)実際の遺産分割協議の進め方②

遺産分割の諸問題(7)実際の遺産分割協議の進め方②

さて、前回から実際の遺産分割協議の進め方についてお話させていただいております。前回は、裁判所を利用せずに当事者同士、又は弁護士を通じて遺産分割協議を行っていく方法についてお話させていただきました。

2016.11.25

遺産分割の諸問題(6)実際の遺産分割協議の進め方①

遺産分割の諸問題(6)実際の遺産分割協議の進め方①

さて、これまで複数回にわたり、「遺産分割の諸問題」と題して、遺産分割手続が問題となった際、特に頻繁に問題となる点について理論的な部分を説明させていただきました。しかし、実際に理論的な部分のみでは、いざ遺産分割の問題が発生したとしてもどのように進めて良いのか、どのぐらいの時間を要するのか等については全く分かりません。

2016.09.25

遺産分割の諸問題(5)遺留分減殺請求とは

遺産分割の諸問題(5)遺留分減殺請求とは

さて、前回は遺言能力と遺言無効確認の訴えについてお話させていただきました。一部の相続人の意に反する遺言が存在する場合、当該遺言の無効を主張していくものです。しかし、実際には、遺言能力の欠如を裏付ける資料を揃えていく必要があり、裁判になった際には必ずしも容易なものではありません。

2016.07.25

遺産分割の諸問題(4)遺言能力と遺言無効確認の訴え

遺産分割の諸問題(4)遺言能力と遺言無効確認の訴え

さて、前回までは、遺言が無い場合を前提とした一般的な遺産分割の過程で生じる諸問題についてお話させていただきました。しかし、実際はそのようなケースばかりではなく、遺産分割の協議を始めたところ、思わぬところから被相続人の作成した遺言が発見されるケースがあります。

2016.05.25

遺産分割の諸問題(3)不動産の評価と分割方法

遺産分割の諸問題(3)不動産の評価と分割方法

遺産分割の際に皆さんが一番苦労されるのが不動産です。現金や預貯金だけであれば、各相続人の相続分に応じて分割するのはそれ程難しいことではありませんが、不動産を単純に相続分に応じて分割することは容易ではありません。今回は、遺産分割において不動産が分割の対象となる際にしばしば問題になる点について解説をさせて頂きます。

2016.03.25

遺産分割の諸問題(2)生命保険金と遺産分割

遺産分割の諸問題(2)生命保険金と遺産分割

「相続対策に生命保険を利用しませんか?」というキャッチコピーを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。皆様の大切な財産を次世代に繋いでいく方法として生命保険を利用するケースが多数ございます。では、「生命保険金」が遺産分割の場面でどのような扱いをされているのかご存知でしょうか。今回は、「生命保険金と遺産分割」というテーマをご説明させて頂きます。

2015.12.25

遺産分割の諸問題(1)特別受益と寄与

遺産分割の諸問題(1)特別受益と寄与

相続に際して遺言が存在しない場合、各相続人が法定相続分(民法900条)に応じて遺産を相続するのが原則です。しかし、各相続人が生前、被相続人から受けた利益の内容や程度(特別受益)、又は、被相続人に対して寄与した内容や程度(寄与分)によっては、相続の段階において相続分が修正される場合があります。

2015.10.25

「遺産分割と遺言」~事前の準備が大切です~

「遺産分割と遺言」~事前の準備が大切です~

主に家事事件を担当している弁護士の茂木佑介です。家事事件は、大きく分けて離婚・離縁等の親族に関する事項と、相続に関する事項があります。今回は経営者の皆様が特に懸念されている相続にまつわるお話です。

2014.12.25