弁護士コラム

婚外子の相続分に関する違憲判決について

2013.09.06 弁護士 古手川 隆訓

婚外子の相続分に関する違憲判決について

弁護士法人グレイスの古手川です。

非嫡出子(婚姻していない男女の間に生まれた子)の相続分を、嫡出子の半分とする民法の規定について、最高裁判所が憲法違反という判断をしました。

過去に同規定の合憲性が争われた際は合憲と判断されていたわけですが、今回判例変更がなされました。

もともと、活発に議論がなされていたテーマですが、現代の価値観においては時代に合わない規定だと思っていましたので、最高裁判所が時代の流れを汲んで判例変更したことは意義深いと思います。

今後も、人々の価値観や生活のあり方が変わるにつれて、法律や判例が変更を迫られるケースが増えてくるかも知れません。