解決事例

<section id="heading"> <div class="inner"> <h2>相続トラブルの解決事例</h2> <p> これまで解決してきた事例を「原因」や「条件」などで分類し、探しやすくご紹介しております。各条件にチェックを入れると、該当する事例がその下に表示されます。どうぞご利用ください。 </p> </div> </section>

被相続人との関係

相続人の人数

主な遺産

遺言の有無

主な争点

分割方法

手続

10new 寄与分を踏まえて他の共同相続人より500万円を加算して取得する旨の合意を取り付けるとともに、 遺産であった不動産を売却し、最終的に協議のみで遺産分割協議を成立させることに成功した事例
  • 関係

    姪甥

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    預貯金

    不動産

    生命保険

  • 遺言

  • 主な争点

    寄与分

  • 分割方法

    現物分割

  • 手続

    協議

09 相続人の一部から特別受益を主張され、相続を放棄するよう求められていたのに対し、遺産分割調停において相当額の不動産を取得することに成功した事例
  • 関係

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    不動産

  • 遺言

  • 主な争点

    特別受益

  • 分割方法

    現物分割

  • 手続

    調停

08 相続開始よりも相当以前にされた不動産の生前贈与も遺留分減殺請求権の対象とし、遺留分に相当する不動産を取得することに成功した事例
  • 関係

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    不動産

  • 遺言

  • 主な争点

    特別受益

    遺留分

  • 分割方法

    現物分割

  • 手続

    調停

07 自己に著しく不利な内容の自筆証書遺言が存在する場合に、多額の借入金を引き受けることなく、遺留分減殺請求訴訟において遺留分相当額を取得することに成功した事例
  • 関係

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    預貯金

    不動産

    債務

  • 遺言

  • 主な争点

    遺留分

  • 分割方法

    代償分割

  • 手続

    訴訟

06 遺言により共有状態となった不動産について、不動産価値の半額に相当する金額を共有物分割訴訟で求め、概ね希望額で和解が成立した事例
  • 関係

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    不動産

  • 遺言

  • 主な争点

    遺言の有効性

    遺留分

    共有物分割

  • 分割方法

    代償分割

  • 手続

    訴訟

05 医療法人の理事長であった父の相続が発生したところ、他の相続人が法定相続分に基づく遺産分割に応じなかった為、遺産分割調停を申し立てたたところ、法定相続分に基づく相続財産を取得する形で調停が成立した事例
  • 関係

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    預貯金

    不動産

    生命保険

    その他

  • 遺言

  • 主な争点

    その他

  • 分割方法

    現物分割

    代償分割

  • 手続

    調停

04 両親の事業用地を含む土地、及び実家であった不動産その他20以上の不動産の帰属をめぐって争いになったが、遺産分割調停において概ね希望する不動産を取得することができた事例
  • 関係

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    預貯金

    不動産

    生命保険

  • 遺言

  • 主な争点

    遺産の範囲

    特別受益

  • 分割方法

    現物分割

    代償分割

  • 手続

    調停

03 認知症の発症が疑われる時期に作成された自筆証書遺言の無効確認を求めて訴訟を提起するとともに、最終的に取得を希望していた不動産を取得することができた事例
  • 関係

    姪甥

  • 人数

    10名〜

  • 主な遺産

    預貯金

    不動産

  • 遺言

  • 主な争点

    遺言の有効性

  • 分割方法

    現物分割

    代償分割

  • 手続

    訴訟

02 相続人の内1名が相続財産の一部である預貯金を先立って引出し隠匿していたが、遺産分割調停において金額が明らかとなり、不動産ともに預貯金を相続する形で遺産分割調停が成立した事例
  • 関係

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    預貯金

    不動産

  • 遺言

  • 主な争点

    遺産の範囲

  • 分割方法

    現物分割

    代償分割

  • 手続

    調停

01 相続人の内1名が遺産分割を自己に有利に取り仕切ろうとしていたのに対して、依頼人が法定相続分による分割を主張し、遺産分割調停において合意が成立した事例
  • 関係

  • 人数

    2〜10名

  • 主な遺産

    預貯金

    不動産

  • 遺言

  • 主な争点

    特別受益

    寄与分

  • 分割方法

    現物分割

    代償分割

  • 手続

    調停

どうぞお気軽に
お問い合わせください

ページTOPヘ